検索
Menu
ブログ - shigetouさんのエントリ
 shigetouさんのエントリ配信

2006/04/05
安心・安全の配慮が不可欠です!!

執筆者: shigetou (3:30 pm)
設計段階から防犯強化を!
 
侵入犯罪が増加、しかもその凶悪化が進みつつあります。
暮らす人、働く人の安心・安全のための配慮が欠かせなくなってきており、
住宅やビルの設計において、防犯対策の強化が求められています。
 
防犯は鍵の強化だけではありません。
防犯対策は鍵の強化が一般的に行われています。
しかし、ピッキング対策や補助錠だけでは十分な防犯対策とはいえません。ガラス、サッシ、雨戸、シャッター、錠前、照明、セキュリティシステム等に至る総合的な防犯対策が求められています。

開口部の破壊行為も増えています。
窓やドアなど開口部が弱いと破壊行為によって侵入されるおそれがあります。不法侵入の多くが窓から入られており、その強化が望まれます。

侵入を防ぐには頑丈な開口部づくりが大切です。

「ガラス破り」への対策が重要です。
ピッキングとよばれる特殊工具を用いた侵入手口が増える一方、「ガラス破り」による犯罪も増加傾向にあります。
ガラス破りとは、窓のガラスを割り、手を入れてクレセントを回して開けたり、玄関扉のガラスを割り、手を入れてサムターンを回して開け、侵入する手口です。
マイナスドライバーやサッシとガラスの間に差し込み、ヒビを入れる「こじ破り」や、バールを用いて、ガラス全体を割る「打ち破り」といった手口がとられ、最近では、より乱暴な手口による破壊行為が増えており、開口部によりいっそうの対策が求められるようになってきました。
shigetouさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (3893)
このエントリのトラックバックURL
http://www.yamamoto-glass.co.jp/modules/weblog/weblog-tb.php/1
印刷用ページ 友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
投稿者 スレッド
copyright (c) Yamamoto-Glass  Product by B-Craft
[ 管理用 ]